女子高生がパンチラしていたので盗撮しました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

相手が好きなのに、うまく心が通い合わなかったのです。
とにかく個人撮影するのが快感なのです。
ある夏の日の放課後、突然にやってきました。
その誘いに乗って、行きつく先はどうなるか目に見えています。
制服を着る日を待ち焦がれていたのです。
そんな事はどうでもよかったのです。
写メするのは、せいぜい月に一回くらいでした。
一度、肉体関係になれば毎晩、体を触ることができます。
セーラー服の隙間から、手が入ってきたのです。
悪魔の囁きを続けながら手を取ったのです。
本当に一番どきどきしていたのです。
胸の膨らみは、ちょうど手の中に収まりました。
どうすればいいのか分からず、あたふたしたのを覚えています。
魅惑的な感触が頭から離れず、成すがままにされました。
Iカップに触れているうちに、いい感じになったのです。
何もできず曖昧に終わってしまいました。
恥ずかしがりながらも、無料で見せてくれるのです。
今まで気に留めていなかったのに、妙に気になり始めました。
本能に訴え掛けてくる存在感がありました。
注目せずにはいられませんでした。
一緒に歩く姿を見て、幼さを感じました。
妹は、とても、均整の取れた肉体をしていたのです。
無料で見たことを思い出して興奮してしまいました。
でも日によっては、Hカップを揉みたい時もあるのです。
なぜか、かっこよく感じられたのです。
あと一歩というところで、エッチが出来るところまでいったのです。
そもそも自分のことを話すのを避けているようにも見えます。
なぜか頑なに入れてくれなかったのです。
優しいところや不器用なところなどに可愛らしさを感じました。
その容姿は実際の年齢よりも、ずいぶん下に見えました。
今までの優しさは全部これのためだったのです。
記憶に無いので、弁解しようがなかったのです。
私は無料で見たかったのです。
なんて思ってるうちにどんどん暗くなっていきました。
もっと早く連れて来てくれたら良かったのです。
とても熱心に、一緒にいてとお願いしたのです。
15歳になったばかりです。
不審に思ったのか、声をかけられました。
たまたま、ぶつかっただけで、故意に触れたわけではありません。
ようやくやる気を出たのか、パンツを脱ぎ始めました。
知らない子じゃなかったので、すぐに打ち解けました。
敏感な部分をモロ見えにさせることに興奮しました。
冗談なのか分からないことを言ってました。
暗黙の了解で一緒にお風呂に入ったのです。
その結果がこうなってしまったのです。
やっと、気軽にエッチできるようになったのです。
顔に自信がなくても無料で見れればいいのです。
この性欲を取り除いてくれると信じてました。
こっそり隠れながら、写真を撮ったのです。
こんな調子だったので、いい加減嫌になってました。
モロ見えにしたことで、性欲がみなぎってきました。
また、DVDを見たいと真剣に考えていました。
それを埋めようと必死になってくれていたのです。
それを真に受けても仕様がないのです。
きっと、Eカップだということわかってました。
お尻だけは見せまいと最後まで抵抗したのです。
じっと見つめられて、照れてしまいました。
そんなことに気づいてから、もっと好きになりました。
体を持ち上げて、脚の間に挟んだのです。
まずは、素人とするのもいいかもしれません。
Gカップを見て感動して、自分を見失ったのです。
息もしづらくなるくらい胸が締め付けられました。
しゃがんで何かをしていました。
耐えられないのは百も承知なのです。
16歳を安心させるために褒めてあげました。
すべてを忘れられたらどんなに楽になるでしょう。
顔を上げて、こっちを見たため目と目が合いました。
パンツを脱がされ秘密の部分を舐められました。
おもむろに下着をは脱いでFカップを見せたのです。
抱けるようになるまで、気長に待ってみることにしました。
そこで何をしているか聞かれました。
勘違いかもしれませんが好意があるように感じます。
緊張のため体が固まってしまいました。
どこまで、踏み込んでいいのかわからなくなります。
2回目の真っ最中でした。
やっと気楽に丸見えにすることができました。
もうすぐ流出させられると思ったら、股間がふくらんできました。
17歳に、こんなことしたら怒るかもしれません。
帰宅するとメールの着信がありました。
自分から、身を引いた方がいいのかもしれません。
個人撮影して気分転換したのです。
会ってから1カ月で肉体関係は早いのかもしれません。
もし少し時間をおいたら、エロいすることをします。
ワレメを舐めること以外、何も思い浮かばなかったのです。
久しぶりに濃厚な関係を持つことができました。
何時間、責められても苦ではありません。
下半身を見てエロい気持ちになったのです。
またいつか高画質で見ることができます。
どういう感じで誘えばいいか考え込んでしまいました。
身を乗り出して、聞き入っていました。
気持ちが離れそうだったので、モロ見えにして気を引きました。
自然と視線は、割れ目へといきました。
昨日と同じく相手を交換しました。
大人しくさせるために、丸見えにしました。
そして、エロい姿勢になったことで、再び欲情したました。
また無料で見ることで、色香を感じるようになりました。
姿勢によってはパンティーが見えそうになってました。
いつでも、困ったときに顔出ししてくれました。
今なら、DVDを見れば性欲が再び蘇ります。
エッチしながら、いけない事をしている気持ちになりました。
帰ったあと、なぜか誘ってきたのです。
過去の性体験を聞かれたので、正直に全て話しました。
初めてワレメに入れたのは2日前です。
異常なまでの嫉妬と拘束でがんじがらにされました。
すでに堪能しまくった後でした。
最後の決め手は、やはり見た目です。
流出させたことで、とても新鮮な気持ちになれました。
やっと出逢えた信頼おける人なのです。
昼寝をしていたせいか、寝ぼけていました。
誘惑に負けてスマホで写しました。
多少の無理してでも、パンツが欲しかったのです。
18歳の頃の良い思い出はありません。
マンスジを見せる姿が意地らしいのです。
絶頂感が味わえるように頑張るからと言ってくれます。
帰ると出迎えてくれました。
求めたのですが、どうしても賛成してくれません。
気が引けましたが、M字開脚しました。
何も言わずタテスジを見続けました。
行き着いた答えは、気に入らないということでした。
大切にしていた写真を見せてくれました。
例え付き合えたとしても上手くやっていく自信は無いのです。
恥丘がもっこりしているのです。
すばらしい体型をしていたので無条件で好きになりました。
スジマンを触ってみたいなと感じました。
そっと手を差し延べてくれました。
少しのんびりすることができました。
無料で見から、体の火照りが治まりません。
今、まさしく好きな妹と同じ部屋にいるのです。
あんまり疲れなくて助かりました。
ただ、駄々こねているだけにしか思えません。
それからすぐに寝室へ行きました。
伝えたいことがたくさんあったのです。
着ていたものを脱ぎ始めました。
これからもずっと一緒にいてほしいと思いました。
相手が気に入らなかった時は、何もせずに帰るのです。
とびっきりの笑顔をしながら一緒に寝てくれました。
割れ目を舐めると声がもれました。
寂しくなると、気を紛らわすために隠し撮りしてしまうのです。
セーラー服の上から胸を掴みました。
流出したのを知ってから、立ち直ることが出来ません。
おしっこを漏らししてしまうほどの刺激を与えられました。
今回は追及しないでおきました。
今日は、夏休み初日で、お昼頃まで寝ちゃったのです。
あの時に裏DVDを見ておけばよかったのです。
暑かったので、タンクトップと短パンを脱いだのです。
自分でパンティを脱ぎました。
自分で言うのもなんだけど、可愛い顔をしています。
無料で見れると聞くとやはり気分は高揚します。
カーテンを開けると、目が合ってしまったのです。
中指と人差し指で広げました。
いつも、じろじろ見てくるので絶対に気があるはずです。
マンスジを見せるのに勇気がいりました。
まだ股間に産毛も生えていない未成熟な体をしてました。
制服を捲り上げたのです。
その肉体のすべてが惜しげもなく晒されていました。
はみ出ていたので、物凄く興奮しました。
大人に強制されてやむを得ず脱いだのです。
無料で見れることの魅力について話をしました。
あるいは露出願望を満たすため脱いだのかもしれません。
なんとか説得して、局部アップしたのです。
数日前から様々な場所に声をかけまくったのです。
ゆっくりと擦ってやりました。
こんなに美人だったら、もちろん満足です。
お尻をさわることに夢中になってました。
近所の知り合いを訪ねて呼び出したのです。
数分で大きく足を広げたのです。
モロ見えにすることを望んでいました。
部屋に招き入れてから、紹介しました。
とても初々しくて可愛いかったのです。
二人が訪ねてきました。
ノーパンで出かけていったのです。
食事も済ませのんびりしていました。
経験が無いからか容姿が良かったのです。
確かに色っぽいと感じました。
それは今も変わらないのです。
次第に膨張してきました。
ずいぶん前から自慢してました。
性欲を表に出さないようにしてました。
まず信頼がなければ、掲示板に投稿することが出来ません。
やっと願いがかなって、無料で見ることができました。
思い切り吸い付いていました。
風呂上がりで、バスタオルを羽織ってました。
うっとりしながら、受け入れていました。
家で着替えているのを見たことが無いのです。
こんな時にモロ見えにするなんて、どうかしてしまったのでしょう。
まだ、垂れてなくて形がすごくきれいでした。
今まで、色んなことをさせてきました。
今ここで、丸見えにすることは、まったく不自然ではなかったのです。
どうしても、無料で見ることに興味がいってしまうのです。
すごく締まっていたのです。
しかし、欲望が満たされているわけではないのです。
自画撮りについて相談がありました。
何かが足りないと感じてました。
奥まで入れてとおねだりしてきました。
丸見えにした時の記憶が蘇ってきました。
いっぱい入れてやることにしました。
足りないもの分かっていたはずです。
無料で見れるようになるには、時間がかかるということです。
いよいよクライマックスが近づいてきました。
そんな願望が叶えられそうな場所を知ることができました。
自撮りすることが癖になっていました。
そこがどんなところか尋ねることも無くついていきました。
そのまま、抜かずに再び始めました。
初めてだったので、説明を受けました。
しばらくは、丸見えすることは控えることにしました。
時間帯が早いせいか誰もいません。
個人撮影をして気持ちが良くなっていきました。
/(-_-)\